都内散策とカメラの特訓日和♪ @下手の横好きカメラ奮闘記!!

「北海道ツーリングに行こう#2」♪_寝床編

f:id:superlanza230:20160208122730j:plain

 

今回は、寝床について!

 

北海道には、ツアラーの為の様々な宿があるので

いろいろ経験してみるのも、「北海道」を満喫する上で大切なことです!!

 

ライダーハウス

f:id:superlanza230:20160208123335j:plain

寝袋持参であれば、大部屋で雑魚寝できます。

宿代も安いし、知らない仲間と語り合えるしと

ひと味違う純粋な旅を満喫できる最高の宿でもあります!!

 

北海道のライダーハウス|Rider's DB

 

「とほ宿」

f:id:superlanza230:20160208123911j:plain

「大人版ユースホステル」と云った感じで

宿代は、一泊二食¥5,000-程の男女別の相部屋

旅仲間で囲む夕飯時は、旅話で盛り上がります!!

比較的、40歳以上の方の利用が多かったですね

 

www.toho.net

 

「キャンプ」

f:id:superlanza230:20160208124527j:plain

やっぱ

北海道でのキャンプ泊は 大絶景に満たされ格別でもあるので

昨年は、キャンプの準備をして向かったのですが

f:id:superlanza230:20160208124945j:plain

荷物が多くなりすぎて不安定になってしまい走るのも。。。

なんで、北海道から寝袋以外は即座に家に送り返す事態に(;;

230ccのオフバイクなんで、上にでなくサイドバック

準備すれば良かったと後悔。。。

キャンプをするには、荷物がとにかく増えるので

バイクに見合った収納バックをしっかり準備しましょう!!

www.nap-camp.com

 

 「まとめ」

トップシーズンである、7~8月は

ライダーだけでなく、とにかく様々な旅人が北海道に押し掛けるので

安い宿が取れない事態が多く、ライダーハウスにおいても予約できなければ

泊まれずなので、その点「キャンプ」は心配いらずで安心!

とは言え、天候の心配もあるしで毎日のキャンプ泊は結構辛い。。。

なんで

大まかなツーリングルートを決め、「宿」の予約も数ヵ所確保しておく!

そうして、「キャンプ」「ライダーハウス」を上手く盛り込みながら旅をする♪

そうすれば、体力・衛生・一期一会・感動・北海道らしさ的にも

無理なく「北海道ツーリング」を満喫できると考えます(^^♪

 

ちなみに

昨年は、6月に行ける機会ができ、2週間掛けて回ったのですが

上記に書いた様に、キャンプは諦めたこともあり

「とほ宿」「ビジネスホテル」「民宿」だけで回ってきたのですが

トップシーズン前ということもあり、予約の心配は全くの皆無!!

天候も安定し、快晴日が多く、気温も寒くないので

6月の北海道は 絶対お勧め!!

(なかなか休めない月なのが辛い。。。)

 

こんなところですが

いろんな寝床が体験できる、楽しい旅の計画をど~ぞ!!

 

では