「ロシアに行こう♪_ウラジオストク旅行#6」_撮影特訓編

DSC00874

 

つづき

 

ウラジオストクに滞在した4日間

「旧市街地巡り」「街の散策」「グルメ」に「路面電車巡り」と

予定していたプランは、前倒し前倒しで早々に消化してしまいました(^^

それもこれも

後になればなるほど、天気が崩れることが分かっていたからなのですが

結局のところ

日中に雨に祟られることもなく、良かったのではありますが

最終日は、相当な時間が余ってしまったこともあり

興味のあった様々な博物館巡りを楽しんでみました(^^♪

 

「潜水艦C-56博物館」

 ソ連海軍が、1930年代から40年代にかけて建造した潜水艦

vladivostok.travel

DSC00879

DSC00874

DSC00872

DSC00871

DSC00869

DSC00858

DSC00857

DSC00856

DSC00847

DSC00834

DSC00831

DSC_0109

DSC_0096

大きな乗り物好きな私なので

この様な博物館は「大好物」v(^^

入場料:100ルーブル(200円)

 

クラシックカー博物館」

20世紀のソ連のクラッシクカーやオートバイを展示してある博物館

urajio.com

DSC_0269

DSC_0209

DSC_0210

DSC_0221

DSC_0232

DSC_0240

DSC_0256

DSC_0234

DSC_0203

DSC_0202

DSC_0279

可愛らしいソ連時代の車に魅力を感じましたね(^^♪

車・バイク好きにはたまらない博物館です

入場料:200ルーブル(400円)

 

「アルセーニエフ記念国立沿海地方博物館」

ロシア極東の探検家として知られる

「ウラジーミル・アルセーニエフ(1872〜1930)」の名を冠した博物館

多くの民族が往来した沿海地方の歴史を学べます

urajio.com

DSC_9737

DSC_0310

DSC_0314

DSC_0322

DSC_0329

DSC_0334

DSC_0336

DSC_0348

DSC_0353

DSC_0362

DSC_0374

DSC_0376

DSC_0373

DSC_0392

DSC_0398-Edit

DSC_0369

DSC01049

DSC_0400

DSC_0386

DSC_0370

DSC_0345

DSC_0344

DSC_0395

展示内容は、さっぱりでしたが

興味が沸くような被写体がいっぱいあって

撮影するにはとても楽しい博物館でした(^^

入場料:400ルーブル(800円)

 

ウラジオストクに行く機会があれば

どれかひとつぐらい見学して見て下さい(^^♪

 

今回、行けなかった「名所」を

ちと、ご紹介(^^

f:id:superlanza230:20180711100150j:plain

「鷹の巣展望台」

黄金大橋、ウラジオストク湾を一望できる展望台

DSC_0056

そこへは

f:id:superlanza230:20180711100827j:plain

ケーブルカーを使って行けるのですが

生憎、この日は

DSC00828

点検作業中。。。(;;

頑張って歩いてでも行けるのですが、今回はパスです。。。

 

f:id:superlanza230:20180711101233j:plain

トカレフスキー灯台

駅前からバスで20分+たくさん歩いて到着!!!

満潮時には近くまで行けないらしいので、天気も悪かったしパス。。。

 

他にも多くの観光地がありますので

存分に楽しんで見て下さい(^^

 

最後に

ウラジオストクのお土産について

「ロシア」らしさではダントツの

DSC00894

マトリョーシカ

マトリョーシカ」という名称は、ロシアの女性名からきています

それぞれの人形にはスカーフ姿の若い女性の像が描かれているのが一般的。

左端の一番小さい人形

この子の事をロシアでは「希望ちゃん」と呼ぶらしい

「希望ちゃん」に、 "願いを込め、息を吹き込んで閉じるとその願いが叶う"

という素敵な言い伝えもあるとのこと(^^

DSC00892

また

この「マトリョーシカ

ルーツは、日本の「箱根細工の入れ子人形」との説もあるとのこと

f:id:superlanza230:20180704190118j:plain

なるほど、実に同じである!!!

この「マトリョーシカ」には、いろんな表情があり

最終的には自分の好みの顔になってしまうのですが

それを探すのが大変。。。(><;;;

DSC_9327

ちなみに

私は、泊まっていた「ベルサイユホテル」のお土産売り場にいた

マトリョーシカ」を購入しましたが、結構タイプかも(*^^*

とかなんとか

DSC00894

私が購入したのは、スタンダードの5体もので1800ルーブルでしたが

7体、9体と大きくなると値段もそれなりに。。。

安いものでは、1000ルーブルぐらいからありますので

お店を回って探してみて下さい

DSC01131

ここの「ベルサイユホテル」の売り場

いつも照明がなく、閉店ガラガラ状態で

販売意欲が全く感じられなく、とてもとても薄暗いのですが

なかなかの良い品を揃えているので、街中で見つけ出せられなかったら

ここに来たら良いと思います(^^

 

DSC01063

ロシアの人気チョコ

「アリョンカ」

この赤ちゃんの顔が目印です(^^

ひとつ100ルーブルほどで種類も豊富なので「バラマキ用」には最適

ただただ

いっぱい買って来たのはいいけど、今はくそ暑い夏場。。。

持ち歩いていたら、確実に溶けるよね。。。(><;;;

 

お土産もしっかり買ったしで

ロシア「ウラジオストク」の旅は終了です

 

DSC01139

DSC01140

DSC01142

DSC01146

DSC01149

DSC01151

DSC01153

帰りも当然

「プロペラ機!!!」

ただただ

この日の「成田空港」は、凄い風に見舞われていて

「ちゃんと降りられるか分からない」とのアナウンスが

パイロットからあったらしい。。。(^^;;;

(ロシア語でしか説明がなかったし。。。)

そんなことも知らず、着陸態勢に入った頃から

過去に記憶がないくらいの凄い揺れに揺れまくり

着陸寸前には「こりゃぁやり直しだな。。。」と思った瞬間

無理やりの「半端ないタッチダウン!!!

減速している時も激しい揺れが続き、どうなることかと思ったけど無事に停止

一瞬の間があって

機内で「拍手喝采の雨嵐」👏👏👏(^^

なかなかのスリルでした!!!

案外

「プロペラ機」って風に強いのかも???

とかなんとか

ちなみに

この同じ時間帯に着陸予定の31機は、降りることができず

他の空港に行ったらしい(^^;;;;;;;

 

最後の最後に、楽しい体験まで付いてきてしまいましたが

実に、満足できた「ロシア:ウラジオストク」旅行でありました(^^

 

この記事で

ウラジオストク」に興味を抱いてくれた方がいれば幸いです(^^

トップシーズンは、正に「7月、8月」

夏休みの予定がまだ無い方

是非是非訪れてみて下さい!!!

 

長文失礼しました

 「Благодарю вас! Владивосток

 

では